お金・会計に関するQ&A

個人から法人化への時期はいつが良いでしょうか?

個人事業主として売上が1,500万円~を超えるあたりがBESTな時期です。

おおよそ、塗装店の職人社長(個人事業主)の売上が1,500万円を超えるあたりの時期が合理的にはBESTですが、

①法人になったほうが、信頼もつくこと

②社長個人と法人で、節税できること

を考えたときに、1,500万円に満たなくても、既に1,500万円以上になる確信があれば、早めに法人化しても問題ないと思います。


判断基準についての考え方

なぜ、社長の収入が1,500万円を超えるあたりがBESTなのかについて。

①個人の所得税が多くなってくるので、法人と個人で分けたほうが総合的に納税額が抑えられるためです。

仮に法人化をして、法人としての売上を1,000万円で計上(ここに塗料代などの経費が入る)、個人の給与所得として500万円にした時に、法人税と所得税が、理論上最も安くなることが想定されるからです。

②また「法人格」を持っていたほうが、人材採用においても有利に働くため、職人の会では、早めの法人化をおススメしています。

error: 不審なIPアドレスを記録しました。日本建築塗装職人の会のコンテンツは著作権法により保護されております。複製は出来ません。